大阪にDMM WEBCAMP難波校が誕生!関西を代表するプログラミングスクールになりそうです。

大阪についにDMM WEBCAMP(旧Webcamp Pro)ができることになりました!
DMM WEBCAMPは以前Webcamp Proとして知られていましたが、2018年にDMMグループとなって以来ますます勢いが増しています。

DMM WEBCAMPはただのプログラミングスクールではありません。
プログラミングスクールと就職支援、両方の特徴合わせ持った複合型のサービスです。

98%が就職できると有名な実績の高いプログラミングスクールとして東京で大人気ですが、今まではDMM WEBCAMPのスクールは渋谷にしかありませんでした。

ついに大阪にDMM WEBCAMPができる!


引用:https://web-camp.io/magazine/archives/23401

DMM WEBCAMPは2019年7月1日に大阪のプログラミングスクールとして難波校をオープンさせることに決定しました。

大阪難波校の場所は下記の通りです。

〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波4丁目7-14
難波フロントビル 4階

難波駅から徒歩5分と非常にアクセスの良い場所ですよ。

割引キャンペーンが実施中

大阪の難波校のオープンを記念してDMM WEBCAMPでは割引キャンペーンが実施されています。

気になるその内容は…入学金0円キャンペーンというもの。
詳しくは公式ページでチェックしてみてくださいね。

 

割引の詳細はこちら【公式ページ】

期間限定のキャンペーンなのでできるだけ無料カウンセリングの申し込みは急いだ方がいいです。

渋谷校の人気具合を見ても分かる通り、入学前の無料カウンセリングの日程がかなり埋まっています。大阪の難波校も同様の混み具合になりそうな予感…。

DMM WEBCAMP大阪のここがポイント

すでにご存知の方も多いと思いますが、DMM WEBCAMPの強みについて改めておさらいしてみましょう。

就職・転職できなければ全額返金の転職保証付き

DMM WEBCAMPの一番の特徴は転職保証があることです。
これがあるかないかで随分と心の安心感が違いますよね。

「プログラミングスクールにお金払っても転職できなかったらどうしよう…」

みたいな不安から解放されるので、落ち着いてプログラミング学習に打ち込むことができます。

徹底的な就職・転職支援

プログラミングスクールの中には、転職支援をしますと言いながら転職支援がその内容がカスみたいな所もあります。

例えば、

・「こんな会社がありますよー」と流れ作業的に情報をスマホに送ってくるだけのスクール

・プログラミングスクール側が紹介してきた会社にしか就職できないスクール

などなど。

DMM WEBCAMPを運営するインフラトップCEOの大島 礼頌氏も下記のようにツイートされています。

DMM WEBCAMPは違います。
就職・転職支援に本気のプログラミングスクールなんですよね。

未経験から3ヶ月でエンジニア

実際にDMM WEBCAMP関係者のTwitterでのリアルな内定報告を見てみてください。

短期間の間に、続々とDMM WEBCAMP卒業生がIT企業に内定してますよね。
前職はITと全然関係無い未経験の方がほとんどですが、皆さんしっかり転職されています。

カウンセリングの詳細を見る

DMM WEBCAMP大阪の就職支援の内容は?

DMM WEBCAMP大阪はエンジニア未経験という人にはもちろんのこと、
今まで、フリーター・ニートで社会人経験が少ない、または全くないという方にもみっちり指導してもらえます。

・応募書類作成
・面接指導

もバッチリ対策してもらえますよ。

1人でエンジニアとして転職活動している時には、

「志望動機とか何を書いたらいいのか分からない」

なんてことも日常茶飯事ですが、
DMM WEBCAMPでは職務経歴書の作成を始め企業の選考に備えて対策をしっかりしてもらえるので安心です。

3,000名のエンジニアを輩出してきた専属アドバイザーに徹底的にサポートしてもらえるので、
転職成功率98%と業界トップクラスの数字を誇っています。
テックエキスパートは98.5%とのことですが、ほぼ誤差の範囲ですね。)

DMM WEBCAMP大阪の学習内容

DMM WEBCAMP大阪の学習は未経験から3ヶ月でエンジニアとしてのスキルを身につけるというカリキュラムです。

DMM WEBCAMPで学べる言語

ウェブ制作、アプリ開発に役立つ

HTML / CSS / JavaScript / jQuery / Ruby /PHP/ Rails

といった多数の言語を学べます。
無料でも学べる言語がjavaだけなんてスクールもありますからねぇ…。

非同期通信 (Ajax), Rspec, AWS, Apache, SQL/MySQL, Git/GitHub, オブジェクト指向,サーバー構築, API設計, 企画/設計 (上流工程)

といったエンジニアとして働くのに必要な知識・スキルを身につけることができますから、総合力の高いエンジニアになることができますよ。

3ヶ月間の学習の流れ

まず最初の1ヶ月プログラミング言語についての基礎をみっちり学びます。

2ヶ月目は他の受講生とチームを組んで、ECサイト(ネット通販サイト)の開発を行います。

「えっ、1人で黙々とプログラミング学習をしていたいんだけど」

と思う人もいるかもしれませんが、
実際の現場ではコミュ症だからなどとの言い訳は通じません。どうせ就職したらチームプレイになるんです。今のうちに慣れておきましょう。

実際の学習は3〜4人の生徒同士でチームを組み、1ヶ月位の期間を掛けて協力してネット通販サイトの制作を行うという内容です。

生徒同士で行うため、上下関係はありませんから、案外気楽にできます。

この過程でチームで問題を発見し課題を解決していく経験を積むことで、実際の現場でもすぐに役立つコミュニケーションスキルを身につけておくことが可能です。

オンラインスクールとは違い、このようなリアルな現場を模した訓練が実際に就職した場合に備えられるようにあなたを強くします。(オンラインスクールに逃げない方が自分の為になります。)

いざ、就職しても自信を持って仕事に取り組むことができますよ。

完成したサイトを見せ合う発表会もあります。

そして、3ヶ月目はいよいよ自分自身のオリジナルサービスを開発します。

作るのは独自のWEBアプリケーションです。

ちなみに生徒同士で自身の作品をプレゼンしあう発表会もあります。

ここで作った作品を自分自身の実績として就職・転職活動でもポートフォリオとして使用し、採用担当者に見せたりもするので、手を抜かずにしっかりと取り組みたいですね。

DMM WEBCAMP大阪のデメリット

これまでDMM WEBCAMP大阪のメリットについてお伝えしてきましたが、いいことばかりに思えるDMM WEBCAMP大阪のプログラミングスクールにも実はデメリットがあります。

DMM WEBCAMP大阪にはオンラインスクールはない

DMM WEBCAMP大阪にはオンラインスクールはありません。
難波の教室に通える人しか受講対象になっていませんのでご注意ください。

実はオンラインスクールの学習完了率ってすごく低いんですよ。
5~10%と言われているんですね。

100人が初めても最後まで学習を終えることができるのは、たったの5人か10人。
まじかって感じですが、やっぱ会社から疲れて家に帰ってパソコン開いて「さあ勉強しようか」とはなりません。
家だと、ついつい休憩とかなんとか言って、YouTube見たりしてしまいます。

その点、DMM WEBCAMP大阪なら教室に通うタイプのスクールなので、行けば講師や同期の仲間の目もありますから、ネットサーフィンとかしてサボれません。
だから、98%の人がちゃんと企業に正社員としての転職に成功しているんです。

DMM WEBCAMP大阪の教室は難波駅のそばのアクセスの良い場所にありますし、22時まで開いていますから、仕事帰りにサクッと立ち寄ることもできますし。
でも、勤務先や自宅が難波駅とは離れているという人もいるかもしれません。

私は学習完了率が低い、100%オンラインスクールはおすすめしませんが、
DMM WEBCAMPとよく比較されるテックエキスパートは、オンライン学習と教室での学習を組み合わせて学ぶことができます。

心斎橋にテックエキスパートの教室があるので、DMM WEBCAMP大阪に通うのが難しいという方にはテックエキスパートをおすすめします。

▶︎▶︎テックエキスパート

働きながら通うことはできない

DMM WEBCAMPは働きながら通うことはできません。
仕事を辞めて、毎日プログラミング学習する意志のある人しか受け入れていないんですね。

これには割と理由があって、質の高い学習者を集めて、質の高い企業に紹介し、プログラミングを学ぶ人も、卒業生を雇う企業もWinWinにしたいというDMM WEBCAMP側の意志の現れと思われます。

というのは、転職先の企業は、できるだけ早くうちで働いて欲しい、できるだけスクール生の前の企業と揉めたくないと思っています。
ですから、現在なんらかの職についている人よりも、まっさらな無職の人の方が積極的に雇用されやすいですね。

また、仕事を辞めた状態で60万以上のスクール料金を払う人はある程度「覚悟」がありますよね。
ですからDMM WEBCAMPにはスクール生の質は無料スクールに行くような人たちよりも意欲的な人が集まりやすいです。

受け入れに積極的な企業と意欲的な生徒をたくさん集めて結びつけたい。
このような理由からDMM WEBCAMPは働きながら通うタイプのスクールをやらないというスタイルで運営されています。

働きながらプログラミングを学びたいという人は、テックエキスパートの夜間・休日スタイルを選ぶのがいいですね。
ただ、テックエキスパートの夜間・休日スタイルは2019年6月から値上げされて798,000円もするので、本気で取り組みたい人は仕事を辞めてDMM WEBCAMPで真剣にプログラミング学習に取り組んでみるのもありだと思います。

スクール料金が高め

あと、もう1つのデメリットは

スクール料金が高いことです!

¥ 628,000 (税別)もするので

スクール料金が割と高いんですよね。
(高いと評判のテックエキスパートの短期集中スタイルでも598,000円(税抜))

実はDMM WEBCAMPの料金はもう少し安かったのですが、2019年4月から値上がりしました…。

OMG…

ただDMM WEBCAMPのスクール料金が高いのは仕方ないといえば仕方ないんですよね。
スクールの質が非常に高いので。

スクールのカリキュラムが緻密に組まれていて、講師は大学生とかスクールの卒業生ではなくてプログラミングのプロですし、
教室も通い放題ですから、分からない時はいつでも質問することができます。

また、転職サポートも実際のIT転職事情に即したサポートを受けることができます。

他のスクールだと月に数回のカウンセリングのみで後は勝手にやってよって感じのスクールも多いですが、DMM WEBCAMPの場合は先ほど説明したように非常に手厚いです。

転職保証があるということは、転職できなかった場合お金を返さなくてはいけませんから、DMM WEBCAMP側もあなたに転職してもらえるようにしっかりサポートしてくれます。

転職保証の無い他のスクール
→→受講生が転職できなくても、こっちの腹は痛まないし関係無いやー。

 

転職保証のあるDMM WEBCAMP
→→受講生が転職できなかったらスクール代返金しなきゃいけない。転職してもらえるように一生懸命サポートしよう!

値段的にはちょっと最初は高いなと感じるかもしれませんが、DMM WEBCAMPで3ヶ月間しっかりプログラミングをマスターして大手上場企業や有名ベンチャー起業に就職すればすぐに元は取れます。
実際にDMM WEBCAMPで就職した実績のある企業は下記の通り。

DMM WEBCAMPの就職先

DMMWEBCAMP 大阪

DMM WEBCAMPの就職先は有名なIT会社が非常に多いです。
例えば、

team Labo(チームラボ)
東京都千代田区に本社を持つ、デジタルコンテンツ制作会社
インターネットメディア事業、ソフトウェア開発事業

team Labo(チームラボ)に関してはDMM WEBCAMPを運営するインフラトップCEOの大島 礼頌氏も下記のようにツイートされています。

CrowdWorks
東証マザーズ上場企業
会員数200万人の総合型クラウドソーシングサービス「クラウドワークス」の運営

DMM.com
デジタルコンテンツ配信事業、オンラインゲーム事業、通信販売事業など様々な事業を手掛ける
従業員数 グループ全体で約3,200名の大企業。

株式会社エイチーム
スマホゲーム・ツールアプリの企画・開発・運営
ライフイベント・生活に関連の比較サイトや情報サイトの企画・開発・運営
東証1部上場企業。売上高346億03百万円、社員735名の将来有望な企業です。

IT企業の中でも今ノリにノってる企業に、未経験でも就職できるのがDMM WEBCAMP大阪の転職コースに入るメリットだといえるでしょう。
非公開求人も300件以上とたくさんあるので就職・転職先も選択肢が広いです。
(もちろんいい会社に入りたいなら自分自信の努力も必要ですよ)

正直最初のボーナスでスクール代なんてペイできてしまうのではないでしょうか。
万が一就職・転職できなかった場合でも全額返金保証があるわけなのでほぼノーリスクですね。

就職率は98%ですから、あなたが就職・転職できないということもまずないでしょう。
(恐らくですが、2%は健康上の問題とか家庭の事情でスクールを退会した人ではないかと)

CEOの大島 礼頌氏も下記のように就職に関してかなり自信を持っておられます。

待遇交渉もしてもらえるなんて、助かりますよね。

無料でプログラミングが学べるけれど、就職紹介先が1社しかないスクールに入るよりも、
少しお金が掛かっても、大企業や波に乗っているIT系ベンチャー企業に入れるDMM WEBCAMPの難波校に通ったほうが絶対いいですよ!

もちろん、DMM WEBCAMPに行ったからと言ってみんながみんな大企業やIT系ベンチャー企業に入れるわけではありません。
もともとその人がもつポテンシャルや、スクール期間中にどれほど努力して学習するかなども関係してきます。
しかし、正しい仕方で真剣に取り組めば、希望する会社に入れる確率もうんと高まります。

ちなみに

「話がうますぎる…ブラック企業に入れられるんじゃ…?」
なんて思っておられる方もいるかも知れませんが、

就職率98%に対し、離職率はたったの1%程ですから、(2019年4月実績)ほとんどの人が就職先に満足していることが分かります。

それにいくらDMM WEBCAMPのスクール代が高いと言っても、
分割払いの場合 ¥26,000~ /月(税別)からの支払いです。
一括払いはちょっと高いなという方も、分割にすれば、金銭的な負担もかなり軽減できるのではないでしょうか。

前述した大阪校オープン記念の期間限定の割引や友達紹介割引などの割引制度もありますから、この機会に無料のカウンセリングだけでも受けてみて自分に合いそうかどうかチェックしてみるといいですよ。

というか、無料カウンセリングをまず受けないとDMMWEBCAMPには入校できないんですけどね。

カウンセリング(無料)申し込み(30秒)

プログラミングを学ぶなら2019年の今が絶対にチャンスです。

経済産業省の調査によると2020年に37万人、30年に79万人のIT人材が不足する見通しです。
少子高齢化が進む日本において数少ない成長産業がITエンジニアに関係した仕事。

IT業界で1、2年働いてその後は在宅でフリーランスとして働くなんて働き方もありますし、プログラミングの技術を持っているかどうかで人生の選択肢がかなり広がります。

プログラミング・フリーランス業界で有名なインフルエンサーのマナブさんも下記のようにツイートしておられます。

今の時代IT業界にエントリーすることが成功者になるための近道。

人材は必要とされているわけですが、政府も危機感持っていて人材育成に力入れています。
プログラミングスクールも増えてきていますし。
まだまだ売り手市場は続くと思いますが、どうせなら後発組になるより、2019年の今学んで、いい待遇で就職し先行者優位を得た方が絶対にいいです。

DMM WEBCAMPのサイトにはこんな記載がありました。

(2019年)5月受入枠は満員となっております。6月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。

渋谷のスクールも大人気なのでかなり満員な状態です。

スクールの質を担保するために定員には限りがありますから、難波校を希望される方も一刻も早くカウンセリングを受けることをおすすめします。

無料カウンセリングって、ちょっと勇気いりますが、波に乗って人生を変えたいなら今一歩を踏み出すかどうかが大事です。
1ヶ月遅れるだけでもそれだけ人生のタイムロスになりますからね。

カウンセリング(無料)申し込み(30秒)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です